aged stone

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪割草

<<   作成日時 : 2018/03/10 17:45   >>

トラックバック 0 / コメント 9

何気なく見ていたローカルTV。
故郷の山のセツブンソウが写っていた。 

 画像
即刻、手元にあったデジカメを向けた。



なんか、こんな花だったかしら?寒さの中にひっそり咲く
もっと清楚な可憐な、私の中のイメージだったけれど・・・
画像
同郷の友が嫁いだ家の裏山に咲くという花。
先年、友も旅立ち、見に行く機会を逸してしまった。



仙波の滝というのも映し出されていた。地図で探してみた。
名前すら知らなかった私。此処甲府からもそう遠く無い筈。
画像

甲斐国志「千波瀑布」として古くから世に知られている。
蛇沢にあたっては山上より流れ落ちて芦川に注ぐ滝で、
高さ約80mであり、水量の豊かな時の眺めは壮観である。
冬季は、結氷して清楚な美しさを見せています。



故郷の隣町の観光案内を見ると、上記のように書かれている。
画像





洗濯物を取り込みに出たべランダ。
良く晴れた空、富士山が綺麗だった。
画像
南アルプスは雲の中、その向こうは吹雪いていているのだろうか。



画像
梅の花が散って、桜咲くころ。ソメイヨシノが散って八重桜咲くころ。
墓参の路端に菫の花が咲くころと、何故か四月は悲しみの日が続く。

ねがはくは桜咲くころ春死なん・・・西行法師が歌っている。
花咲く季も良い。できる事なら私もそう願いたい処だが・・・
思い通りに行かないのが世の常である。


・つじつまを合わせる事も出来ぬなり桜前線近づく気配
・心焦るまま過ぎゆけり終活も進まずのがる夜のTV

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
少し暖かになってきましたね。
桜の開花も早まりそうかな。
右目の手術が終わり、
14日に左目の手術です。
術後はとても視界が明るくなりビックリです。
カメさん
2018/03/12 09:33
カメさん
もう手術が済んだのですか。よく見えるようになって良かったですね。おめでとうございます。間をおかず、左目をなさるのって素晴らしい事だと思います。
私は、片方だけで止めてしまいました。私の体では無理と思ったからです。驚くほど良く見えて、有り難いのですが、片目だけだと、どうしてもちぐはぐな感じは否めません。時々ブログの打ち間違いをしますがお許しくださいネ。でも片方だけでも感謝しています。次は明後日ですね。頑張ってください〜〜
S子
2018/03/12 18:09
春がなかなか来ないな〜、と思っていたら、一気に暖かくなりました。
桜の開花時季も遅れを挽回し、例年並みになりそうです。

S子さんにとって、4月はつらい月なのですね。
でも季節はどんどん進んでいきます。
花の写真でもいっぱい撮って、ブログもいっぱい更新してくださいね〜。
カンツォーネ
2018/03/12 22:10
カンツォーネさん
お優しいコメント有難うございます。
4月は、夫の命日から始まって、弟、母に義父母。
そして叔父等、哀しい日が続きます。
でも季節的には、暖かく花も咲く良い季節ですよね。
桜の花大好き、それも古木がいいと言って、毎年お花見に行ってました。
有名な名所でなく、あまり人の行かないような桜を訪ねていました。
其の頃よりだんだん開花が早くなりましたが・・・
今年は、桜が見られるでしょうか?折角の花の季節。前向きに頑張りたいと思います。
S子
2018/03/13 15:18
 S子さん、今日はおげんきですか ?
 当、ヒカルは脳梗塞の二回目のショックで、十日ばかり前に藤田保健衛生大学付属病院へ緊急入院していました。今度ばかりはヒカルも覚悟しましたが、又生き返りました。
 命の不思議で、ヒカルは臨死体験を経験しました。
 たしかにヒカルはそのときに死んでいたのに、意識は底の底に淀んでいて、集中治療室で、心の底の底の耳では、辺りの容姿が手に取るように聞こえていたんです。
 ヒカルがあまり黙っていると、治療に当たっている医師がヒカルは死んだものとして、火葬に付す恐れがあったので、渋々ながら意識を回復したというわけです。
 追々にヒカルは不思議な臨死体験を、blogへ載せますがS子さん、ご期待していてくださいね。でも脳梗塞では、死に至るショックがこれから先に、何回もあるそうで、もし亡くなったらごめんなさい。
 ヒカルは天国で貴女に会いたいと思います。それまで貴女も命を長らえていてくださいよ。素敵な貴女へヒカルより。
donatadeshoka
2018/03/13 20:39
 TVの画面を撮るには、画面のちらつきや線が出るのを抑える必要があり、なかなか大変なのですが、綺麗に撮れましたね。可憐なセツブンソウが放映されたのですね。

 富士山は埼玉のうちのあたりからでは、もっと裾の方まで見えます。

 4月はいろいろ親しい方が亡くなった、かなしい季節でもあるのですね。でもいろいろな命が芽吹き、躍動する季節でもありますね。
なおさん
2018/03/14 04:45
ヒカルさん
コメント有難うございます。
でも驚きました。素敵なストリー、長編の続きを楽しみにしていましたので心配で何度もお邪魔したのです。でもコメントのお返事もないし、とても心配していましたよ。九死に一生を得たといった感じだったのでしょうか。私も昔、それほどの大したことでもなかったのですが、病院で手術中に白衣の人たちが引っ張り回している夢??(ではないのです)を見ていました。目覚めて、何か慌てている感じの白衣の医師に、何かあったのですか?と聞きましたら「何もありません」との返事でした。心の中では?????だったのですが・・・でもそれから何十年も生きていますから、ヒカルさん大丈夫です。
ヒカルさんも、どなたかの(ご両親かも?)力によって今生の世界へ導かれたのではないでしょうか?これからは、確り定期検診をして戴いて、お薬を必ず飲んでくださいね。あまり丈夫でもない私がこの年まで生きているのですから、お医者様の言う事を聞いて、せっかくの命大切にしてください。
私の体験談、またお話する機会があるかもしれません。ヒカルさんどうか頑張ってくださいね。私も、もう少し頑張ろうと思うことにしました。
S子
2018/03/14 17:08
なおさん
コメント有難うございます。
TVの画面、映すのって難しいですね。
シャッターを押したと思ったら、もう画面が変わっていたり・・・でも何とか、写っていましたね。
実際の場面はもっと優しい風景なのでしょうね。
毎年、春の季節を知らせるTV画面が写るのですが今年はカメラが手元に有ってラッキーでした。実際の風景はもっと、暖かそうな日差しの冬山の斜面なのだと想像しています。
S子
2018/03/14 17:19
 今日はS子さん、お元気ですか ? 
 ヒカルですよ。
 何とか生き返りました。春がやってきて夏が来ようと、暑さが増してきました。貴女は、御変りありませんか?
 この前に病気の後遺症による、揺り戻しがありましたが、何とか持ちこたえて今日に至っています。脳梗塞はこんな揺り戻しが、たびたび襲ってくるそうで、その度に一喜一憂しているわけです。最も一喜一憂はカミさんで、当人のヒカルは、いたって平穏。最後の時が来るなら来いと他人事のように感じています。
 強がりではなく、泰然としたものです。
 体は少しずつ能力を失いつつありますが、泰然とした英気は失われてはいません。
 また賑やかに書き続けて、S子さんの気を引こうとしているヒカルが居ます。もしかして不死身のヒカルがいるのかもね。
 では、S子さん長生きをしてください。
donatadeshoka
2018/05/28 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文

PING送信プラス by SEO対策

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー
雪割草 aged stone/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる