aged stone

アクセスカウンタ

zoom RSS 命日

<<   作成日時 : 2018/02/28 17:42   >>

トラックバック 0 / コメント 10

毎年めぐってくる。両親の命日。夫の命日。祖父母の命日。
子供の頃、可愛がってもらった叔父叔母の命日。
有る時思いついて、3年日記を書くことにした。なのに
途中で止めてしまったのである。それは、
必ずめぐってくる悲しみの日に堪えられないからであった。

今日は父の命日である。富士川べりの道を、病院から物言わぬ父と帰った。
流れる涙を拭いきれない私を、大きな満月が黙って見下ろしていた。





あれから幾年たったことだろう?思えば、
父の齢も母の齢も疾うに超えていた私。
画像
あまり健康でなかった私が、ここまで生きられたのも
両親のおかげ様と感謝の毎日であるが寂しい。



寒い冬の仏壇を、暖かく飾っていてくれた花たち。
カランコエを植えたのは、何年前の事か忘れたが。
画像



寒さに弱いカランコエだが、寒い冬の仲良しでもある。
体調今一つで夏の水やりを怠けた日もあったのに・・・
今年も、忘れずに咲いて毎日の仏前を明るくしてくれた。
画像
そろそろ、ベランダへ出してやる日も近い。


冬の菊という事でベランダで眺めていた菊。
今年の寒さの故か、あまり元気がなかった。
画像


根元には、小さな緑もつぼみ見える。
もう直ぐの春を、知らせてくれている。
画像



碌に肥料も貰えないのに咲くベゴニア。
地味なのに、優しい花なのである。
画像



気の早いフリージャーも咲き始めた。
寒さの中を、蕾を付けたのも見える。
画像
花にいろいろ教えられる私。



・予報通りの晴れのち曇り電灯を点して『寡黙な鳥』を繙く
・夭折の歌人長嶋蛎歌集『寡黙な鳥』は未だ語らず
・満月の夜は早々カーテン閉ざす父の忌夫の忌仰ぎたる空
・目覚めたる夜の窓過ぎる風の音紛らわすなりわれの叙情歌
・死ぬことが宿命とされているえにし小鳥も人も煌めく星も
・花ならばまた来る春をと詠いたる人あり命守られて咲くを




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 3月になり、もうじきお彼岸で亡きひとを偲ぶ時期になりますね。いろいろな思い出があることでしょう。
 美しい花を見るたびにいろいろな想いが蘇ることでしょうね。
なおさん
2018/03/01 05:29
長く生きると、それだけ多くの人々との別れが多くなりますね。
S子さんのお花は、ほんとうに甘やかで穏やかで、こころをやはらかくしてくれます。

2018/03/01 09:15
肉親や友が亡くなるのはとても悲しいですね。
私も高齢になり身内や友との別れが多くなりました。
でも、自分の命のある限りは頑張っていきたいですね。
S子さんも健康に留意され日々お暮らしください。
カメさん
2018/03/01 09:35
なおさん
コメント有りがとうございます。
怠けてばかりいてもきりがないブログ。
二月の締めくくりと思って、急いでUPしました。
いよいよ花の季節ですね。
なおさんのページ、お邪魔するのを楽しみにしております。
S子
2018/03/01 18:26
文さん
コメント嬉しいです。
私は一番上ですが、末っ子にの妹が幼い頃いつも言っていました。自分が一人取り残されるの、嫌だって・・・生まれたからには生者必滅会者定離の理なのですよね。
せめて少しでもいい思い出を残せればと思います。よろしく・・・
S子
2018/03/01 18:35
カメさん
何時もコメント有難うございます。
年々寂しくなりますね。身内ばかりでなく、クラスメートも同じように年を取ってきます。当然と言えば当然ですが・・・でも弱音を吐かずに、頑張りましょうね。
S子
2018/03/01 18:39
ご心配頂きましてありがとうございます。
何だか少し不安な気持ちもありますが、
S子さんの声援で勇気が出てきましたよ。
カメさん
2018/03/02 08:57
カメさん
この私がやったのですから、大丈夫です。
そうそうゴーグルみたいな眼鏡、2,3週間かけてましたよ。
もう安心してお医者さんに任せる以外にないのですが、いつ頃手術かまた教えて下さいね。
S子
2018/03/02 14:15
私も両親、兄二人がすでに他界していますが、すぐ近くにある墓参りも滅多にいかない不孝者です。
友人も毎年一人二人と去って行くので、会えるうちに会っておく、ということの必要性を痛感しております。

あっ、暗くなってしまいましたね。
でも明るい花の写真がいっぱいで、心がうきうきして来ましたよ〜。
カンツォーネ
2018/03/05 21:06
カンツォーネさん
明るいコメントえはげまして下さって、有難うございます。
まだお若いカンツォーネさんですが、お兄様をお二人失くされていらっしゃるんですね。心にはあっても、墓参となると、思うようにいかないことも多いようです。でもこうしてお話しなさることは、心通わせていることだと思います。心の中で祈りを奉げることは何処でもできますから・・・私もそう言い聞かせて過ごしています。
明るく励ましてくださって有難うございました。1日を1日を大切に、明るく頑張ります。
S子
2018/03/06 12:01

コメントする help

ニックネーム
本 文

PING送信プラス by SEO対策

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー
命日 aged stone/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる