アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
サクラサイタ!
サクラサイタ! 「サクラサイタ」今は死語となってしまった言葉である。 私が子供のころは村に、電話があったのは役場と学校くらいのものであった。 緊急の時は、学校か、役場の電話を借りる。または、電報を打つ。外部からの連絡は 電話を学校か役場にかけて、各家へ言づてをお願いする以外に方法がなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/03/31 12:38
胡蝶蘭咲く
胡蝶蘭咲く 今年は気候が遅れているような気がする。 ベランダの花たちの開花も遅い。 わずかの限られたものだけ、ベランダにおいてある。 勿論、胡蝶蘭は、部屋の中で毎年お正月頃は咲いてくれる。 もっとも今年は、冬の間に芽生えた花芽を根っこと間違えて傷めてしまった。 それでもと祈りながら待ったが、花芽をを付けてくれなかった。 悔恨の情しきりであるが、とにかく残りの3鉢が咲いてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/03/27 16:42
身体髪膚
身体髪膚 身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり この言葉を知ったのは何歳くらいの事であったのか?多分十代初めのころと思うが・・・ どんな場面で、誰より教えられたのか、すっかり記憶の中にない。 けれども日常生活の中に、そして何かの合間にいつも忘れることはなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/03/26 14:29
彼岸中日
彼岸中日 穏やかな彼岸中日である。 毎月の命日には、降っても吹いてもお詣りしていたころがあった。 齢を重ねて、春秋のお彼岸、祥月命日、盆暮れのお参り。 心にないわけではないが、段々とご無沙汰が多くなった。 去年も、祥月命日にお参りして、お彼岸はご無沙汰してしまった。 今年も桜の咲くころと決めて、ブログUPにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/20 17:32
花ならば季来れば咲く
花ならば季来れば咲く 六年前の今日、私たちは数人でボランテイアセンターの四階にいた。 そう、その日に犠牲となった1万5千人余りの人たちの七回忌に当たる。 市の防災無線のサイレンの音に手を合わせて、犠牲者のご冥福をお祈りした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/03/11 18:41

<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

PING送信プラス by SEO対策

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー
aged stone 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる