aged stone

アクセスカウンタ

zoom RSS My Lily

<<   作成日時 : 2005/12/19 18:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

夕方、ポストへ入っていた一通の大きな封書。妹からのものだった。
中身は一枚の写真のみで、妹のコメントは何も無いが私はすべてを悟った。
真ん中に老犬リリーの写真。色とりどりの花が囲んでいる。
回りには散歩姿のものなど、元気なころの写真が飾られてある。

私のところに約十年、妹のところへ行ってから八年生きてくれた。
去年逢いに行ったとき、もう耳も目もすっかり衰えていた。
けれども、持参したビーフのドックフードを、美味しそうに平らげて喜ばせてくれた。

私は今、涙、涙でどうする気にもなれない。
鎮魂の気持ちで、とにかく書き綴ろうとただそれが精一杯。
妹に電話する気にもならない。多分妹も泣くばかりだろうから。
今夜は、写真を仏壇に飾ってお線香を上げることにする。
亡き人と大切に育てたリリーだから〜〜思い出を残してくれたりりーだから〜〜
涙で、もうキーボードが見えない。 src="http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/023/92/1/CIMG0090.jpg" width="320" height="241" align="right" class="up-image" alt="画像" title="画像を等倍で表示します" />

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
S子さん!だいじょうぶですよ。亡きひとと大切に育てたリリーちゃん。いい思い出になっていきますから。私も涙でなにも見えないし、とてもせつないですよ。でもだいじょうぶですよ。
emi
2005/12/19 19:17
emiさん、優しい言葉を聞くとまた涙になっちゃう。有り難う!貴女も悲しみを乗り越えて来られたのですものね。少し以前のブログ拝見しまた。我が家のミイちゃんもチイミいちゃんも、悲しい思い出があるのです。リリーは大事にされて、天寿を全う出来たのですから〜〜emiさん本当に有り難う。
S子
2005/12/19 19:54
前におっしゃってたリリーちゃんですね。
皆に大事にされて、きっと良い一生だったことでしょうね。
たくさんの人に惜しまれて、幸せなリリーちゃん!
でも、S子さんがリリーちゃんのことを思い出す限り、リリーちゃんはS子さんの中で生きています。私の父も母も、まだ私の心の中で生きているように。

2005/12/19 20:48
S子さん、こんばんわ!18年生きてついに寿命尽きたのですね。
でもね、皆に愛されて、大切にしてきた命です。
きっと、安らかに一生を終えて、きっとリリーも喜んでる。
飼ってるペットの死は私も経験あります。泣いて泣いて泣いて・・・
の日々を送ったこともあります。もしかしたら、子供の死より
悲しいと思ってたかも知れません。(幸いに子供の死はありませんので)
18年は立派な天寿全うです。私もそう思って一日一日を過ごしていました。元気を出してください。今日はね、「さよ」が昨夜「耳が痛い、
耳が痛い」って泣き叫び、とても辛かったです。
それで、娘と一緒に耳鼻科へ行くため、私も早退しました。
社長がその話を聞いてて、「帰ってやれ」って言ってくれたので。
優しい社長でしょう?お陰で耳鼻科へ行って帰りにファミレスで
食事して来ました。そして、今さっき、長い長い文章をUPし終えました。リリーの死を詠って下さい、その為の歌では無いでしょうか?
元気出して下さいね?
さよちん
2005/12/19 20:49
S子さん、妹さんとこへ行った愛犬が亡くなったのですか。
昔、私も犬を飼ってました大型犬(シェパード)賢い犬
でしたが、肝炎にかかってなくしました。
それから一切飼わないことにしています。
友人がラブラドールリトリバーが7匹子供を生んだから
貰ってくれと云ってきたが断りました。
彦左
2005/12/19 20:51
皆さん、有り難う。リリーの写真UPしようとして変な操作をしたらしく、もう画面が戻ってきません。明日気を取り直してやって見ます。もしかしたらリリー老体をさらしたくないのかも。本当に有り難う御座いました。
S子
2005/12/19 22:04
さよちん、さよちんちゃん大変だったようですね。くれぐれも大事にしてください。私の孫も小さい時かぜ引くと中耳炎になって苦労しました。癖になりますから、今のうちに良く直してあげてください。もうその孫大学3年生です。
S子
2005/12/19 22:09
S子さんのところで約十年、妹さんのところへ行って八年。亡き人と大切に育てられたたリリー。>思い出を残してくれたりりーだから〜〜涙で、もうキーボードが見えない。
辛い時は涙を一杯一杯流して泣いて泣いて悲しみを流してリリーちゃんを偲んで下さいね。涙をたくさん流すことで心の痛みが少しずつとれていくものだと知りましたよ。泣けない人ほど悲しいことはないみたいです。
今は私も、りりーちゃんのために合掌するのみです。
また、リリーちゃんの歌詠ってあげて下さいね。
アナベル
2005/12/19 22:20
お気持ち、お察しします。
少しは涙が退いて来ましたか?
最後の操作ミスでアップできなかった写真、
きょうは見られそう?
ゆう
2005/12/20 07:18
リリーちやん亡くなったんですか。小学生の時友達が犬が亡くなって学校を休んだ事がありましたが、ホント悲しいんですね。今知り合った友達も犬の話を嬉そうに話していますが、まるで自分の子供のように。家族の一員ですものね。優しいS子さんと暮らしてきっと幸せだったでしょうね。リリーちゃんも喜んでいると思いますよ。
umegiku
2005/12/21 17:53
さよちん、彦左さん、ゆうさん、アナベルさん、文さん、umegikuさん、emiさん、ご心配おかけしました。優しいコメント有り難う御座いました。昨日墓参して、今日は妹やお世話になった人へ、お礼の手紙を書いたりして、漸く心が落ち着きました。このページはこのままにしておきます。
S子
2005/12/21 19:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

PING送信プラス by SEO対策

Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー
My Lily aged stone/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる